エアチューブタイヤが実現した「押して軽い」AIRBUGGYのベビーカー|hahaco

エアチューブタイヤが実現した「押して軽い」AIRBUGGYのベビーカー

エアチューブタイヤが実現した「押して軽い」AIRBUGGYのベビーカー
mv mv

About BRAND

日本規格の3輪ベビーカーとして2001年に誕生した「AIRBUGGY(エアバギー)」は、代理店経験をもつGMPインターナショナル社が、海外製品の良さを活かし、開発したオリジナルブランドです。段差などもスムーズに越えられる「空気のように軽い」エアチューブタイヤが、親子ともに快適な時間を実現。22kgまでのお子さまが乗れる頑丈な溶接フレームやハンドブレーキが、安全面でも信頼されています。ベビーカーとしてだけでなく、ペット用やショッピングカートとしても長く使える幅の広さも人気のポイントです。

content

遠くまで歩きたくなる「ストレスフリーな走行性」

おでかけ途中に「もう一軒、寄り道しよう」というポジティブな気持ちにさせてくれるのが、エアバギー最大の魅力です。独自に開発したエアチューブタイヤによって、押すというよりも自然に進んでいくかのような優れた走行性を実現。滑らかな走りが行動範囲を広げてくれるだけでなく、段差にも強いので安全面でも信頼できます。

content

赤ちゃんを起こさずに移動できる「エアチューブタイヤ」

赤ちゃんを起こさずに移動できると定評のある理由は、空気圧によるクッション作用で路面から伝わる衝撃を和らげてくれる「エアチューブタイヤ」にあります。芝生やビーチなど、ハードな場所にも躊躇せずおでかけできるので、幅広いシーンで役立ちます。

content

長く使えるようサポートする「パーツ交換やメンテナンス」

エアタイヤをはじめ、ほぼ全てのパーツの交換が可能なエアバギー。メンテナンスサポートを積極的に行うことで、長くお使えいただけます。シートとキャノピーを交換して、2人目のお子さま用にアップデートする家庭も多いとか。いつでも新品同様の状態をキープできる充実したサポート体制もファンの多い理由のひとつです。

content

誰にでも使いやすい「フレームデザイン」

ママでもパパでも、誰が使ってもちょうどいいように高さや長さが調整されている「フレームデザイン」。ハンドルの高さ・位置、左右後輪の車幅などのバランスで、足あたりせずに軽快に歩けます。歩くスピードを自在にコントロールできるハンドブレーキは、世界に誇る日本の技術を継承する「KARASAWA」との共同開発。美しい姿勢で無理なく歩ける仕掛けが満載です。

content

暮らしに寄り添う「ライフバギーという考え方」

赤ちゃんが4歳くらいになり、ベビーカーの時期が終わったら、ドームコットをつけて、ペット用に変身させることもできます。マルチバスケットを装着すれば、ショッピングカートとしても使用可能に。赤ちゃんからご高齢者まで、さまざまな方のライフスタイルに寄り添う変容性の高さもエアバギーの魅力です。

担当者のおすすめポイント

取締役 原口敬太さん

「みなさまの人生に関わりたい!」そう思って作っています。エアバギーは、それぞれの人生のどこかの時間を共有し、家族の思い出を一緒につくっていく「ライフバギー」という存在でありたいからこそ、「本当に価値のあるもの=積極的に使いたくなるもの」を作り、ご提案しています。ぜひ実際に使ってみてください。