長時間の抱っこでも疲れにくいと人気の抱っこ紐「ergobaby」|hahaco

長時間の抱っこでも疲れにくいと人気の抱っこ紐「ergobaby」

長時間の抱っこでも疲れにくいと人気の抱っこ紐「ergobaby」
mv mv

About BRAND

「Ergobaby(エルゴベビー)」は「もっと、ずっと抱っこしていたい」というママの想いから、2003年にハワイのマウイ島で誕生。抱っこやおんぶで赤ちゃんを身につける(Wearing)ように、いつも一緒にいるという「ベビーウェアリング」の概念の基、抱っこをする人と抱っこされる赤ちゃんの「動きやすさ」や「快適性」を追求。グッドデザイン賞を受賞するなどの他、日本正規品は一般財団法人製品安全協会が定める、製品の安全性に関する基準に合格した生活用品につけられるSGマークを取得するなど、デザイン面でも品質面でも評価の高いブランドです。

content

「快適な抱き心地」を叶える、人間工学に基づいた設計

クッション入りの肩ストラップと幅広の腰サポートが付いたウエストベルトで、赤ちゃんの体重をバランス良く分散できるような構造のエルゴベビー。人間工学に基づいたこの設計は、長時間使っていても疲れにくいと言われています。

content

「素手の抱っこと同じ感覚」で抱けるから、赤ちゃんも安心

「もっと、ずっと抱っこしていたい」というママの想いから生まれたこともあり、赤ちゃんを「自然な姿勢」のまま無理なく抱っこしていられる設計にこだわりが。素手の抱っこと同じように、背中がゆるやかにカーブし脚を曲げている状態で抱っこできるデザインは、「素手の抱っこと同じ姿勢と密着感」が保てることで、赤ちゃんとの信頼感も深まります。

content

新生児から4歳頃まで長く使える「子どもの成長に寄り添うスタイル」

新生児(体重3.2kg以上)から使用できるのも、人気の高いポイントです。対象月齢・年齢は抱き方によっても異なりますが、対面抱き、腰抱き、おんぶは4歳くらい(体重20kgまで)まで使えるタイプも。まさに、いつも一緒にいるという「ベビーウェアリング」の概念を体現できるお子さま成長に寄り添う多機能性は、抱っこ好きのお子さまにも最適です。

担当者のおすすめポイント

株式会社ダッドウェイ エルゴベビー担当

「抱っこひもは毎日活躍します。お外でもおうちでも、朝でも夜でも夜中でも。赤ちゃんは多くの時間を抱っこで過ごし大きくなっていきます。そんな赤ちゃんとの時間をもっと大切にしてほしいから、エルゴベビーは親子の快適性にこだわっています。」