hahaco厳選!タイプ別抱っこ紐おすすめ7選|hahaco

hahaco厳選!タイプ別抱っこ紐おすすめ7選

\hahaco厳選!タイプ別抱っこ紐おすすめ7選/
mv mv
赤ちゃんとのお出かけに欠かせない抱っこ紐。形や機能もいろいろなものがあるので「どう違うの?」「何を基準に選べばいいの?」と迷ってしまう…。という声を、よく耳にします。そんな初心者ママとパパに向けて、キャリアタイプ、スリングタイプ、ヒップシートキャリアタイプそれぞれの特徴と選び方のコツをご紹介。お子さまの月齢や使いたいシーン、お洋服とのスタイリング等に合わせて快適に使える抱っこ紐を探しに行きましょう!

01. 重さを分散でき、疲れにくい「キャリアタイプ」

赤ちゃんをしっかりホールドでき、肩や腰に均一に負荷を分散させることができるのが「キャリアタイプ」の特徴。両手が空くので、外出時や室内で家事をするようなシーンでも便利です。

長時間の抱っこでも、疲れにくい仕様

クッション入りの肩ベルトやバランス良く荷重を分散する腰ベルト付きなので、長時間の抱っこでもママも赤ちゃんも快適。また、クッション入りのヘッド&ネックサポートのおかげで新生児から付属品なしで使える点も、うれしい特徴です。

content

赤ちゃんの熱を逃す、メッシュ素材

立体裁断で仕立てられた肩ベルトや、幅が広く安定感のあるウエストベルトが疲れにくいポイント。通気性と速乾性が高く、肌さわりの良いメッシュ素材を使用しているので、1年を通じて快適な抱っこが実現します。

content

バッグの中にも入るポケッタブルタイプ

バッグの中にもすっぽり入るB5サイズ450gという軽量なデザインと、ブランドが誇る荷重を分散させる肩ベルトや後ろバックルなどの機能性を両立させたコンパクトモデル。旅行時など普段よりも荷物の多いお出かけ時などにも役立ちます。

content

02. 赤ちゃんをすっぽり包む「スリングタイプ」

赤ちゃんとの一体感と、使用時にハンモックのような適度な揺れで赤ちゃんがリラックスする「スリングタイプ」。使い方のコツをつかめば、装着が簡単なので日常使いに最適です。ワンショルダーのデザインや、色や柄のバリエーションも豊富なタイプが多いため、ファッションの一部として楽しむこともできます。

手軽に調節できるストラップシステム

体格差のあるママとパパでシェアも簡単にできる、長さ調整可能なストラップシステムが特徴です。また、赤ちゃんが寝ている状態のまま抱き下ろししやすい構造に仕立てられているので、お出かけ以外では寝かしつけのシーンでも重宝します。柔らかなメッシュ素材は、通気性がよいだけでなく、様々なファッションと相性が良い点も嬉しいポイントです。

content

ママのおなかの中にいるような安心感

赤ちゃんがママのおなかの中にいるような感覚になれるためか、すぐに寝てくれるというママやパパの声が多い、別名「寝かしつけの救世主」。リバーシブルタイプなので、気分やシーンによって無地と柄バージョンを使い分けられるファッション性の高さも魅力です。

content

03. 多彩な抱っこスタイル「ヒップシートキャリアタイプ」

キャリア部分とヒップシート部分を別々に使えることで、シチュエーションに合わせて多様な使い方ができるのが「ヒップシートキャリアタイプ」の特徴。いすに座るような感覚なので、窮屈感がなく、お子さまとの間に適度なスペースを保つことができるため、通年通して快適に過ごせます。

赤ちゃんも疲れにくい、2層構造の台座

長時間の抱っこでも疲れにくいよう人間工学に基づいて設計された、肌当たりのやわらかいEPPフォームと、その下に設置された衝撃を吸収するウレタンフォームの2層構造の台座。軽量で快適に過ごせます。

content

抜群の収納力で、身軽にお出かけ

ヒップシート台座にあるセンターポケットとファスナー付きのサイドポケット、そしてキャリー部分のマチ付きポケットなど、抜群の収納力。赤ちゃんの荷重がかかる台座部分は、高い強度に加えて、使用しない時には台座を畳むことができるコンパクトさが魅力的です。

content
お気に入りの抱っこ紐は見つかりましたか?
今回は、キャリアタイプ、スリングタイプ、ヒップシートキャリアタイプそれぞれの特徴とおすすめアイテムをご紹介しました。機能性はもちろん、ファッションとの相性など、ぜひご自身のライフスタイルにあわせて選んでみてくださいね。